≪新築≫おすすめの屋根材 瓦VSコロニアルetc

建築中
Sponsored Link

前の記事で外観について紹介したんですが、

屋根の種類ってみなさんしっかり考えて決めたでしょうか?

 

私は全く無知でどれにしてもあまり変わらないんじゃないの?って思ってました。。

そんな我が家の新築二世帯住宅は

旦那と父がこだわった屋根でもあるので紹介していこうと思います!!

 

是非お付き合いくださいませ。。♪

 

Sponsored Link

Sponsored Link

屋根材を選ぶポイントは耐久性とメンテナンス性

 

屋根は一番雨や風、太陽の熱と言った環境の変化の影響を受けやすいところです!

デザインや価格はもちろん

耐久性やメンテナンスの事も考えて検討しないといけません!

この5つのポイントを考えて検討するといいです!

 

一般住宅にもっとも使われている屋根材とは

 

屋根にはたくさんの種類があってその中でもグレードがあるんですが。

  • 瓦屋根(粘土)
  • コロニアル屋根(コンクリ)
  • トタン屋根(金属)
  • シングル(防水紙)

 

この4つがよく使われている屋根材らしいです!!

 

その中でも

塗装屋の旦那さんが最近良く見るのは

瓦屋根とコロニアル屋根が多いんだとかヾ(•̑д•̑ ๑ )

 

じゃあ、

どっちがどう良いの???逆にデメリットはあるの???

って事で色々調べてみました!!

 

瓦屋根とは?

 

kawabatakawara.com

 

陶器のお皿と一緒で粘土を瓦の形に焼いた屋根ですね♪

住宅で使われる屋根材の中で最も古くから使われているものです。

 

今ではコンクリートを瓦の形にするセメント瓦もあるんですがこれは瓦屋根とは言わないらしいです!

瓦屋根のメリット

 

www.shibao.co.jp

 

屋根の中で一番長持ちで耐久性が高い

 

焼き物なので丈夫で経年劣化に強くてメンテナンスいらずです!

 

劣化しても色があせたりはげたりする事もほとんどないので

家よりも屋根の方が長持ちする事もあるそうです♪

 

和風な感じがするが洋風にもできる

 

陶器なので色の選択も幅広くあって

見た目も良しなモダンな瓦もあるんだとか(`・∀・´)ゝ♡

 

古風にも出来るし都会の風景ともなじむ事ができるって

個性を出す事が出来る屋根です☆

 

屋根と瓦の間に空気層があるから断熱性と遮音性が良い

 

夏は快適に

冬は暖かく過ごせるのってめっちゃ重要(*´ᴗ`*)♪

 

この屋根と瓦の間の空気層が

良く窓に使われているペアガラスと同じ役割をしてくれるんです♡

 

外の熱を伝えにくいので湿気もこもらず

結露も予防してくれるんです!!!

 

そして雨の音って私は結構好きな音だったりもするんですがw

 

瓦は粘土で作られているので音を吸収してくれる♪

 

なので意外と雨の音が気になる・・

って方にも瓦屋根は良いですね♪

 

瓦屋根のデメリット

 

http://maxreform.jp/studyblog

 

耐震面

 

瓦の重さはコロニアル屋根と比べて確実に一枚が重い!!

 

耐震性って1番重要なことじゃんヽ( ຶ▮ ຶ)ノ!!!

 

震災で倒壊している瓦屋根の映像良くありますよね。。

 

それは建物の基礎が弱いと

屋根とのバランスが悪くて地震の揺れに耐えられない!

 

今の家は耐震性を重視している事が多いので

基礎がきちんとしていてバランスが合っていれば良いだけの事なんだそうです☆

 

逆に後の方で紹介するコロニアル屋根のような軽い屋根でも

バランスが悪ければ地震の揺れには耐えられないんだそうです!

 

瓦屋根は初期費用が高い。

 

初期費用が高くつくのがこの瓦屋根なんだそう。

 

比較するコロニアル屋根は50万くらいなのにと比べて

瓦屋根は30万程は高くなるんだそうです!

 

ただ!!

 

メンテナンス費用が極端にかからないので

最初にお金をだすか出さないかなんだそうι(˙◁˙ )/

 

コロニアル屋根とは

 

roof-partner.com

 

カラ―ベストスレート瓦

など呼ばれることもあるそうです!!

 

簡単に説明すると

薄くて強度の高いセメントを固めて塗装した板です☆

 

コロニアル屋根のメリット

 

house-support.net

 

軽くて耐震性が良くコスパが良い

 

陶器瓦に比べて半分の軽さなので

建物全体の重量を軽くし耐震性が良いんだそうです!

 

そして、工期が短く済み材料費が安価なので

コスパが良い♪

 

色や種類が多く対応できる業者が多い

 

色や種類が多いので好みの屋根が探しやすく、

新築住宅で使われる事がとても多いので施工経験を積んでいる業者さんが多いので

何かあっても早く対応できてメンテナンスも頼みやすい♪

 

コロニアル屋根のデメリット

 

http://satoutosoten.com

 

割れやすくコケやカビが生えやすい

 

薄いセメントを固めている板なので

強い風や地震、積もった雪でヒビ割れてしまう事が多い。

 

そして

表面がザラザラしているため

砂や埃がついたまま雨の水分が溜まるとコケやカビが生えてしまうらしいです。。

 

定期的なメンテナンスが重要

 

瓦屋根と違って塗装をしてある屋根なので

何もせずに30年も持たないんだそう。。

約10年に1度は塗装の塗り替えが必要になってくるんだとか!

 

その約10年に1度の塗装の塗り替えを忘れちゃうと

雨漏りや天井が腐ってきてしまうなんて簡単にあることなんだそうです( ˟ ⌑ ˟ )

 

瓦屋根VSコロニアル屋根

 

タイトルにも載せたw

 

屋根王座決定戦!瓦屋根VSコロニアル屋根

 

の結果は・・・。

 

初期投資の30万アップを頑張れば!

瓦屋根の方が近い将来のメンテナンス費用もかからず

高断熱高気密で安心して快適に住む事ができそうですι(`・-・´)/♪

 

調べると。

 

35年間で瓦屋根にした方が

370万

のお金を浮かせる事ができるんですって(ง⁎˃ ᵕ ˂ )ง⁾⁾♪

 

それに高断熱のエアコン費などのメリットも考えるとめっちゃお得♡

 

*まとめ*

 

ザッと瓦屋根とコロニアル屋根のメリットとデメリットをまとめてみましたが

我が家の屋根は瓦屋根を使っています(p`・ω・´q)

 

実際に実家の屋根はコロニアル屋根を使用していて

約築20年くらい。。

塗り替えの時期にお金の費用が大変だったので塗り替えせずで

今ベランダの天井部分が腐食している状態です。。

 

実際コロニアル屋根を使用している方は

是非一度塗り替えの時期を確認してみて下さい!!

 

そして

瓦屋根は塗装の必要はないんですが10年に1度は瓦の破損やズレ・漆喰の塗り替えの定期メンテナンスの計画を立てる事も大切だそうです!!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます♡

 

≪こちらも是非一緒にご覧下さい( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎≫

https://ake-home.com/detached-house%e3%80%80outer-wall%e3%80%80appearance%e3%80%80paint-shop%e3%80%80roof-color%e3%80%80external-wall-color/%e5%a4%96%e8%a3%85%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%82/
タマホーム*大安心の家の標準構造は二世帯住宅にもオススメ!
前回は1回目の打ち合わせで私が感じた、小さな子がいる家庭では必須のポイントをお話ししたのですが‥今回は我が家が建てるタマホームの『大安心家』の標準プランについてザックリ?詳しく?お話ししていきたいと思います!!w『大安心の家』標準設備はコレ
我が家の玄関と便利なポケットキーとピタッとキーのメリット・デメリット☆
今回は我が家の玄関と担当さんにもオススメされて標準装備だった♡採用したポケットキーとピタッとキーの紹介をしたいと思いますッ(`・∀・´)ゝこれがまた本当に良い装備だったので是非小さなお子様がいる方には必見♪我が家の玄関YKK APヴェナート

☟読んだよーのポチッ♪お願いします(*´ᴗ`*)♪
にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ

Sponsored Link

Sponsored Link

建築中
akemiをフォローする
ズボラ主婦の目指せオシャレハウス!!

コメント